昼カラとは?

合同会社昼カラ研究会による「昼カラ」に対する考え

一般的な理解
昼間にカラオケを行うことができる飲食店全般。昼間にカラオケを行うこと。歌好きだけが集う場のため基本的にはお酒を飲まない。
昼カラ店の種類1.夜営業するカラオケパブやスナックが昼間カラオケ店を営業する業態。2.喫茶店、蕎麦屋など飲食店がカラオケ装置を設置し、副業で カラオケ店を行う業態。喫茶店の行う昼カラは、「カラオケ喫茶」ともよばれ親しまれている。3.カラオケボックスの昼の営業時間。4,昼間カラオケを行う人だけを対象に開店した昼カラ専門店。
いずれも安価に入店し、歌うことができる。 (ノンアルコールドリンク付きで1,000円程度)

昼カラ店の雰囲気  カラオケボックスと昼カラ店の違い  
お店に来店する個人、グループ、また店で出会った初対面同士が昼間、ワンフロアーで、店員の指示に従い 順番にカラオケを行い適度に対話する形態のカラオケ店舗は、昼カラ店。昭和時代の銭湯と同様に地域住民の社交の場。見知らぬ人の前で歌い、新たな対話、共感が発生する社交の場。人前で歌うことへの若干の緊張感と、他人から拍手を受ける喜び、新たな人たちとの出会い、対話を楽しむことが出来る場。
カラオケボックスは、仲間同士、または一人で歌う部屋のため新たな人との対話はない。

歴史
昼カラは、昭和時代に出現し、全国に急増したが、現在では、店舗オーナー、来店客の高齢化で、均衡縮小傾向。平成・令和の超高齢化社会、大ブームが起こっている地域もある。全国的には、地域の高齢者が昼間集う場としても親しまれている。

人間には音楽が重要
人類だけが持つ文化、そして人間の本能である「音楽・歌」「人と人とのつながり」をテーマに集う場として昼カラ店は有用である。音楽の起源は、「手拍子、歌声」である。音楽は、地球上に人類が誕生した時から人類共通の嗜好であり、あらゆる文化において存在する。さらには、生まれたばかりの赤ん坊であっても、音楽に対する関心を示すことから、ヒトという種は、音楽に対して何らかの遺伝的基盤を備えている。一方、ヒト以外の動物には音楽がほとんど存在しない。
( wikipediaから一部抜粋)

超高齢化社会、孤独社会に、健康に100歳を迎えるには、みんなが集まれる「昼カラ店」が必要。
昼カラには、体と心の健康効果があり、「健康年齢100歳」を促進する場である。
趣味嗜好が多様化する現代においても、同窓会、新年会など多種多様な人が集う場にて、二次会の定番としてカラオケは長年存在している。
人前で、酔わずに歌うカラオケ、心を込めて丁寧に歌うカラオケ、新たな人のつながりを作るが「昼カラ」。酒の力を借り、ストレス発散、ストレス解消を目的に仲間内、また一人だけで歌うことが多い「夜のカラオケ」「カラオケボックス」とは社会的意義が異なる。
昼カラ研究会は、社会的意義をふまえ、全国にみんなが集まる「昼カラ店」の普及を目指し活動しています。

mika rika フリー素材アイドル

“HILUKARA”

“hilukara” is an abbreviation of daytime karaoke. “hilukara” is the restaurant it’s possible to do karaoke by the big volume in the daytime where. The daytime when a visitor lives near the store in most cases, leisure middle-aged and elderly Japanese.
For an individual and between the groups and the first meetings to do karaoke in turn with shop assistant’s directions in the same room, it’s different from a settled karaoke booth in a room.
The cozy karaoke store of the form where one between the stranger sympathizes with music and carries on a dialog moderately while hearing others’ song and telling the song to others in an “hilukara” at noon.
They’re civil to a dialogue between the customers, there isn’t a visitor who roughhouses and storms. Night is different and is the daytime, so it’s because there isn’t a visitor who drinks liquor.
Knowledge is civil with abundant middle-aged and elderly Japanese for a tourist and a foreigner, and very rare space is “hilukara”” in Japan where you can carry on a dialog.
The company established for the purpose of a workshop’s studying a shell and making the “hilukara” by which everyone gathers be widely used at noon from combined company noon.